学生時代から使っている家具家電を処分したい!安く処分するコツは?

公開日:2023/03/15


いざ引越しをしようとすると、学生時代から使っている家具家電で不要なものや買い替えることになり、処分を検討することになるでしょう。しかしながら、家具や家電は通常のゴミとして処分できず、処分方法によっては費用がかかってしまいます。今回は不用品の処分費用の相場や方法について解説するので、ぜひ参考にしてください。

不要な家具家電を処分するにはどれくらいの費用が必要?

引越しは、引越し費用や新居にかかる費用など、大きな出費がつきものです。しかし、不要な家具家電の処分にはあまりお金をかけたくないという人も少なくないでしょう。処分する方法によって必要となる費用は異なりますが、こちらでは粗大ごみとして処分する方法と不用品回収業者に依頼する方法の2パターンを例に紹介します。

粗大ごみの費用

粗大ごみとして不要な家具家電を処分する場合、各自治体によって処分費用が異なります。また、品目やサイズごとに料金設定されており、処分する家具家電によっても費用が変わるのです。相場としては、ひとり用のローテーブルであれば300~500円程度で、ベッドなどの大物は1,000円程度となります。処分用のシールを購入する必要があるため、該当の金額を自治体のホームページなどで確認しましょう。

不用品回収業者の費用

不要な家具家電を処分する方法として、不用品回収業者に依頼する方法もありますが、費用として自治体に粗大ごみとして処分するよりも高くなります。平均的な相場としては2トントラックの場合、2~3万円程度の処分費用が必要です。費用は高くつきますが、自宅に回収に来てくれるため、処分する荷物が大きい場合や大量にある場合におすすめします。

家具家電を処分するにはどんな方法がある?

不要な家具や家電を処分するにはある程度の費用がかかってしまいますが、どのような処分方法があるのでしょうか。代表的な処分方法についていくつか紹介します。

リサイクルショップに買取してもらう

費用面でおすすめとなるのがリサイクルショップに買取してもらう処分方法です。処分には費用がかかってしまいますが、買取してもらうことで売却金がもらえる可能性があります。

フリマやオークションへ出品する

近年活況となっているフリマやオークションに出店することも処分方法のひとつです。フリマはアプリで簡単に出品できるようになっており、希望価格で売れれば、処分費用はおろか利益がでます。ただし、必ず売れるわけではないため、フリマに出品する場合は引越しまでに売却できない可能性も踏まえて早めに検討しましょう。

買い替え時に下取りしてもらう

家具や家電の販売店では購入と同時に下取りを行っている業者もいるため、買い替え時に下取りしてもらう方法も処分方法のひとつです。下取りを出せば割引してもらえたり、クーポンをもらえたりするといった特典が受けられる可能性があります。しかしながら、場合によっては回収費用が請求される場合もあるため注意が必要です。

粗大ごみとして処分

不要となった家具や家電を処分する際に粗大ごみとして処分することを考える人も多いのではないでしょうか。各自治体が粗大ごみの回収も受け付けており、料金や回収方法は自治体によって異なります。粗大ごみの処分は手数料を負担することが一般的ですが、シールなどを貼り付けるだけで手軽に処分できるのが魅力的です。また、通常のごみとして処分したい場合は、自治体指定のゴミ袋に入れるように小さくするなどの工夫が必要となります。

不用品回収業者に依頼する

家具や家電などの不用品を回収する専門業者に依頼する方法もあり、依頼すれば回収に来てくれるため手軽に処分できる点がメリットとなります。ただし、不用品の回収業者はトラックのサイズ単位での引き取りが多く、前述のとおり費用も高額になりがちです。

引越し会社によっては処分・引取に協力してくれる場合がある

不要な家具家電を処分する場合、少量であれば粗大ごみとして処分したり、リサイクルショップに売ったりできますが、大量にある場合は持ち込むだけで大変な作業となってしまいます。また、引越し時は多忙であることが多く、処分する余裕がないということも考えられるでしょう。

そこでおすすめとなるのが引越し業者に処分もしくは引取してもらう方法です。事前に相談しておけば引越し時に不要な家具家電を処分してもらえる可能性があります。もし引越し業者で処分対応していない場合でも、集荷場所に運んでもらうなどの協力はしてもらえるかもしれません。引越し日に不用品回収にきてもらうなどの調整を行っておくとよいでしょう。

まとめ

今回は不要な家具家電の処分費用の相場や方法について解説しました。処分費用の相場として自治体の粗大ゴミ回収であれば数百円~1,000円程度で済みますが、不用品回収業者に依頼する場合はトラックで数万円程度必要となります。不要な家具家電を処分するにはリサイクルショップへの買取依頼やフリマやオークションへの出品、買い替え時の下取りといった方法もあります。引越し会社によっては処分や引き取りに協力してくれる場合があるため、引越しの依頼時に相談してみるとよいでしょう。

オンラインで簡単・安心・スムーズ!おすすめの引っ越し業者

おすすめ関連記事

サイト内検索

東京都でおすすめの引越し業者5選

イメージ
会社名アート引越センターサカイ引越センターアーク引越センターラク越/引越革命アリさんマークの引越社
おすすめポイント充実の無料サービスと多彩なプラン・オプションが魅力業界のパイオニア的存在!引越し専門だから信頼性が高い多彩なプランと幅広い自社ネットワークが強み完全通販スタイルで忙しい人もスムーズに引越し可能!安心のサービスを提供するため社員教育に注力している
詳細リンク