アーク引越センターの口コミや評判

アーク引越センターの画像1

社名 アーク引越センター株式会社
代表者 代表取締役社長 杉原正憲
設立 1982年5月19日
資本金 8,000万円
事業内容 引越荷造運搬業、引越しサービス業
所在地 ■本社
愛知県名古屋市中川区荒子4-218
TEL : 052-363-6868
■八王子支店
東京都八王子市南大沢2-211
TEL : 0120-07-0003
■埼玉支店
埼玉県戸田市新曽南1-5-17
TEL : 0120-07-0003
■千葉支店
千葉県柏市西柏台2丁目2-7
TEL : 0120-07-0003
■横浜支店
神奈川県横浜市都筑区川和町746
TEL : 0120-07-0003
おすすめポイント多彩なプランと幅広い自社ネットワークが強み

アーク引越センター(アーク引越センター株式会社)は全国200か所以上の拠点を持つ引越し業者。ギネスブック(1994年版)にも登録されたその幅広いネットワークを活かし、全国のニーズにすばやく応えられるのが特徴です。

見積もりが分かりやすく、初めての引越しも安心。大手ならではの丁寧なサービスがうれしいポイントです。

ペット輸送、ピアノや車などの大型輸送にも対応しており、万一の際は補償でしっかりと対応してくれるので家族で引越しするときも利用しやすいと言えます。

アーク引越センターのメリット・デメリット

アーク引越センターを利用するにあたってメリット・デメリットがそれぞれ存在します。こちらを読んで、自分に合った引っ越し業者かどうか検討してみてください。

メリット

メリット①:補償が充実
引っ越し業者を選ぶ一つの基準が、「補償が充実しているかどうか」にあります。さまざまな世帯に合わせたプランを用意していますが、総額1,200万円・1梱包30万円までの補償を準備しています。
作業終了から3か月間受け付けているため、引っ越し後のサポートも充実していることがうかがえます。

メリット②:自社開発のオリジナル資材による便利な梱包
アート引越センターではオリジナルの梱包資材を用意しています。特殊家具による保護で安全に運搬はできるのはもちろんですが、ハンガーボックス型による衣服の直接収納機能など、面倒な荷造りも便利に行える点がオリジナル資材のメリットです。

デメリット

デメリット①:料金が高い
デメリットの一つ目は、他社と比べて料金が高くなっていることです。単身の引っ越しにおいては標準よりも数千円高くなっています。
しかし、引っ越し料金は状況によって変化するため、アーク引越センターへの依頼を考えている方は一度見積もりをしてみるとよいでしょう。訪問だけでなくオンラインでの見積もりも受け付けているため、気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

デメリット②:引っ越し安心マークがない
信頼できる引っ越し業者であるかを判断するための一つの基準として、「引っ越し安心マーク」があるかどうかが重要です。引っ越し安心マークを取得するためには、社員の徹底的な教育につながるトラブルの防止に十分配慮する必要があります。そのため、引っ越し安心マークをもっているかどうかで信頼の度合いが大きく変わると思います。しかし、安心マークがなくても評判のよい業者は存在しますので、参考程度にするとよいでしょう。

全国ネットワークと豊富なプランで幅広いニーズに応える

アーク引越センターの画像2

本社は愛知県名古屋市にあるアーク引越センターですが、自社のネットワークを独自に広げ、全国各地に幅広くサービスを提供しています。

業界でも圧倒的な存在感と知名度を誇る業者で、国内の200以上の都市にサービスポイントを展開。その結果、1994年にはギネスブックにも登録されています。

引越しプランの数が豊富なのも特徴で、単身者の引越し、シニア向けプラン、家族プランなどさまざまなニーズに合わせて10種類以上のプランを提案しています。

今回はアーク引越センターのおすすめプランの中からいくつかピックアップしてご紹介!気になるプランが見つかったら公式サイトをのぞいてみてくださいね!

【単身者向け:ミニ引越しプラン】

ミニ引越しプランは近距離の引越しに対応したプランで、女性や学生さんにおすすめのプランです。段ボールが最大50枚、ふとん袋最大2枚、ハンガーボックス(レンタル)最大5個といった無料特典がついていてお得です。

小物や食器の梱包は自分でおこなう必要がありますが、毎月1日から20日まで特別割引(土日・祝日、繁忙期以外)もあるので、とにかく費用を抑えたい人にぴったりです。

【単身者向け:荷物多め単身プラン】

ミニ引越しプランと特典は同じですが、荷物が多めの一人暮らしの人におすすめのプランです。住み替え、入学・卒業、就職をきっかけに新生活を始める人に最適です。

【2人暮らし向け:シニアプラン】

大型の家具・家電の荷造り、家具の配置までおまかせできるシニアプラン。段ボール最大50枚、ふとん袋最大2枚の無料特典のほか、60歳以上の夫婦を対象に最大20%の割引が特徴です。

新生活のために住み替えが必要になったシニア夫婦はお得に利用できます。

引越しの専門教育を受けたプロが在籍

アーク引越センターの画像3

引越し業界で「引越し当日に来た作業員はほとんどアルバイトや日雇いスタッフばかりだった」という話は決して珍しいことではありません。特に繁忙期は積極的にアルバイトを募集している大手業者も存在しています。

しかしそんな中でもアーク引越センターは、自社の専門スタッフによるサービスを徹底しています。作業員の質にこだわりを持っているため、委託社員ではなく自社で独自にスキルを身につけた作業員が作業を担当しているのだそう。

全員が初期研修から統括管理まで、引っ越しの専任トレーナーによる徹底した実践教育を受けているので、サービスの質において他社とは一線を画すものがあると言えるでしょう。

また、常に引越しのプロフェッショナルとしての意識を高く持つため、各地区のインストラクターが、地域に密着したきめ細やかなサービスの指導に務めています。

ちなみにアーク引越センターは、テレビ東京系の人気番組「TVチャンピオン2」の「大手7社対抗引越し屋さん選手権(2008年6月19日放映)」では優勝した経験もあり、引越しのプロとしてその実力を全国に証明してみせました。

「アルバイトや日雇いのスタッフばかりでは信頼できない」、「信頼できる業者に運搬を任せたい」という人はアーク引越センターを検討するのも良いでしょう。

オプション・オリジナル資材も豊富

アーク引越センターの画像4

アーク引越センターのオプションとは

エアコンの取外しや取り付けを1人でやろうと思うとなかなか難しいもの。「ただでさえ小物の荷造り・荷解きで忙しいのに、家電の配線接続などまで手が回らない!」という人は多いのではないでしょうか。

そんなときはアーク引越センターのオプションサービスの活用がおすすめ!アーク引越センターではエアコンの取り外しや取り付け工事、ペット輸送やピアノ・車などの大型輸送、トランクルームでの荷物の一時保管など、多種多様なサービスに対応しています。

素人には対応が難しい専門的な電気工事や手間のかかる作業も、アーク引越センターの作業員があっという間に解決。

デリケートなピアノの輸送も専門の作業員が対応します。調律まで責任を持っておこなうので安心して任せることができるはずです。

また、引越し前後に利用できるようにと、家電購入サービスやフローリングのコーティングサービスなどもお得な値段で提供。利用者の生活を隅々まで考えてオプションを用意していることが分かりますね。

オリジナルの梱包資材を使用

アーク引越センターでは、自社で独自に開発したオリジナルの梱包資材を積極的に活用しています。

・タンスパット…パットには特殊キルティング加工済みの分厚い素材を使用。少し大きめのタンスもすっぽりと覆えるので、ぶつけると傷が目立ちやすい角もしっかり保護できます。

・ハンガーボックス…服をハンガーにかけたまま運ぶことが可能。アーク引越センターではこのハンガーボックスを無料レンタルできるプランも多いですよ。

・ジャバラ式パッド…ジャバラ式パッドは自由自在にサイズを変えられるのが特徴で、特殊な形の家財もしっかりと保護することができます。

・緩衝材…小型の家具の梱包には小さめの緩衝材が大活躍!家具のすき間に入れて保護するのにも役立ちます。

・布団袋…専用布団袋で布団もしっかり梱包できます。雨の日の引越しでも安心して搬出入が可能です。ハンガーボックスと同じく、こちらも無料で提供しているプランが多いようです。

もしものときは

作業員の質から梱包材の質にまで細かい部分にもこだわるアーク引越センターですが、どれだけ注意して運んでいても、輸送中に荷物が破損してしまったり、傷がついてしまう可能性もあります。

そのためアーク引越センターは万一の場合に備えて保険に加入しています。保険(自社負担)により総額1,200万円、1梱包30万円までの補償を準備しているので、破損や傷などのトラブルにも対処可能です(作業終了後から3か月間有効)。

見積もりを依頼してみよう!

アーク引越センターは200か所のサービスポイントと多彩なプランで、全国各地の引越しニーズに応えている引越し業者。単身者はもちろん、シニア世代向けプランやファミリー向けプランも充実しています。

現場で作業するのは日雇いやアルバイトの作業員ではなく、自社で徹底した教育を受けた作業員のみ。サービスへの強い安心感も人気の理由とも言えるでしょう。

オリジナルの梱包材や補償も完備されているので、「アーク引越センターに依頼したい」と思った人は見積もり依頼をしてみてください!

アーク引越センターのFAQ


プラン内容に応じて、最大50枚までダンボールをサービスしてもらえます。


パソコンやスマートフォンから24時間可能な見積り、フリーダイヤルからの見積りがあります。


大丈夫です。ただし、変更内容によっては引越し日に影響する可能性がありますので引越しの3日前までには連絡してください。


可能です。対応カードは、VISA、MasterCardです。


契約内容に変更がない限り、追加料金は発生しません。


搬出の際に分解が必要となった家具に関しては、搬入後の組み立てまでしてもらえます。専門性の必要な家具に関してはオプションとなります。


悪天候の場合でも基本的には行えます。雨天の日は、外の人員と屋内の人員とに分けて対応し、豪雨の場合でも作業が可能になるまで1時間ほど待機することは可能です。


自動車・自動二輪を陸送するオプションサービスが用意されています。

アーク引越センターの口コミや評判

単身・一人暮らし

親切かつしっかりとした対応

東京から名古屋への引っ越し利用。
ちょうどお盆に当たる時期だったのでなかなか業者が捕まらず参っていたとこで見つけました。
一人暮らしではありますが家具にはお金をかけていたので大切に扱ってくれそうなところを選びました。
ちゃんと養生をしてくださり、しっかりと梱包し運ぶ際も連携をとって気を使ってくださり非常に好印象でした。
また引っ越し先での受け渡しの際もこちらの都合で時間を変更したのですが快く承諾して下さり非常にスムーズな対応でした。
真夏日の中、ちゃんと自分達の汗が家具につかないようにしっかりと気を配っていらしたのも好印象でした。
時期ゆえに非常に高い値段になってしまいましたがやはりしっかりしたところだったので頼んでよかったです。

引用元:https://hikkoshihiroba.jp/company/581/review/es7910/

家具へのこだわりがあるのなら、絶対に丁寧に扱ってる業者にお願いしたいですよね。こちらの方はそこに重点を置き業者を選んだそうです。実際、運ぶ丁寧さだけではなく、自分たちの汗がつかないところまで配慮した作業だったとのこと。金額は高かったようですが、それだけのサービスをきちんと受けられ満足できたご様子ですね。

単身・一人暮らし

適度に話をしながら正確に作業したところ

比較サイトを利用して、こちらの業者を見つけました。見積もり依頼からの返信など早く、丁寧で助かりました。もって行く荷物なども細かく聞いてくれたので、当日の不安とかもありませんでした。当日は2人の方が来てくださって養生も丁寧にてくれたのでマンションの壁や床に傷が付かず安心しました。彼氏との同棲生活からの引越しだったので、もって行くものと、置いていくものがあり、それも細かく聞いてくださってよかったです。以前の引越しでは、冷蔵庫を置いたときに壁を傷つけてしまったのですが、引越し先に着いた時に。冷蔵庫の後ろに紙を貼るといいですよとアドバイスもいただき、本当に選んでよかったと思いました。次また引越しをする時は、こちらを選びたいと思います。

引用元:https://hikkoshihiroba.jp/company/581/review/es8585/

問い合わせ対応も早く、当日まで不安を感じさせない対応をしてくれたとのことでした。それだけでかなり信頼できる業者であることがわかります。当日も丁寧な作業をしてくれ、問題なく引越しが完了できたようです。他にもアドバイスまでもらえ、また利用したいと思える業者なのも納得ですね。

→引越しのときにはおおまかな概算を複数社に見積もりしたうえで決める方が大半だと思いますが、メールでは概算を教えてくれない引越し業者も多いようですね。そんな中でもアーク引越センターはメールであっても見積もり概算を教えてくれるようなので、問い合わせにおいて丁寧な対応をしている会社であると考えられます。

また引越し作業もスムーズで迅速に行ってくれるため、ストレスフリーで引越しを終えることができるでしょう。

アーク引越センターのアクセス情報

住所:東京都八王子市南大沢2-211
TEL:0120-07-0003

サイト内検索
記事一覧

【東京都】おすすめの引っ越し業者一覧はこちら

イメージ
会社名アート引越センターサカイ引越センターアーク引越センターラク越/引越革命アリさんマークの引越社
おすすめポイント充実の無料サービスと多彩なプラン・オプションが魅力業界のパイオニア的存在!引越し専門だから信頼性が高い多彩なプランと幅広い自社ネットワークが強み完全通販スタイルで忙しい人もスムーズに引越し可能!安心のサービスを提供するため社員教育に注力している
詳細リンク