事前にチェック!引越し準備を行う際に必要なグッズとは?

公開日:2022/08/15


引越しの当日はバタバタするのが当たり前、荷造りする段階になってあれがない、これがないと大騒ぎすることも多いものです。でも事前に必要なものを揃えておけば大丈夫、スムーズにストレスなく準備を行うことができるでしょう。引越し当日までに準備しておきたい、必要なグッズをご紹介します。

引越し準備を行う際に必要なグッズ

引越し準備にはこれだけは揃えておきたい、必要なグッズは次のようなものです。

ダンボール箱

荷物を梱包するために必要なダンボール箱、引越しでは欠かせないグッズでしょう。引越し業者に依頼する場合、ダンボール箱は自分で用意しなくても、業者が無料で提供してくれます。ただし、枚数に制限があるので何枚もらえるのかは事前に確認してください。

引越しの際は、荷造りを始めてから、思った以上の荷物があることに驚く人も多いです。無料のダンボール箱は、多めにもらっておく方が間違いありませんし、もらえる枚数を上回るほど荷物があったら、ホームセンターや通販などでも購入することができます。また、スーパーやコンビニの店舗で、品物が入っていた空ダンボール箱を無料で譲ってもらうこともできます。

ガムテープ・養生テープ

ダンボール箱を閉じたり、引き出しが飛び出すのを防ぐため、固定する際に使用します。ガムテープはダンボールを箱に組み立てたり、荷物を入れて閉じるために使用するので、粘着力に不安があるような商品は危険です。100円均一のような安価なものではなく、ホームセンターなどで、それなりの価格で販売されている商品を選んでください。

また、ダンボールに使用するのではなく、家具の引き出しや扉などを固定するなら、養生テープを使用しましょう。ガムテープは粘着力が高すぎて、新居ではがしたときに家具を傷めてしまうことがあるからです。養生テープははがすのが簡単で、引越し以外にもいろいろと使える便利なテープです。こちらもホームセンターなどで手に入れることができます。

新聞紙やプチプチ

どちらも緩衝材として使用するもので、割れやすいものをダンボール箱に入れる際に必要です。新聞は、わざわざ購入しなくてもいいので安上がりですが、より丁寧で安全に梱包したいなら、しっかり保護できるプチプチを購入してください。

ビニール袋

小物をまとめて入れておいたり、漏れる心配がある液体の荷物を入れておくなど、いろいろ使えるので、まとまった枚数を用意しておくことをおすすめします。処分するゴミを入れるためのゴミ袋も必要ですが、そのまま集積所に出すのなら、自治体の有料袋を用意するなど、ルールにしたがって、まとめるようにしてください。

ビニールひも

ダンボール箱に入らないような、長さのある物干し竿やほうき、傘などをまとめたり、荷物を詰めたダンボール箱を補強する際にも使えます。

はさみ・カッター・マジック

はさみやカッターは、テープやひもを切ったり、ダンボール箱の開封に必要です。マジックは梱包したダンボール箱の中身を記入するために使います。ダンボール箱は、外からでは何が入っているのか分からず、荷ほどきの際に迷うことも多いです。すべてのダンボール箱の中身が分かれば、新居で荷ほどきするのがスムーズになり、引越し業者にも搬入する部屋を指示することもできます。

作業用の手袋

作業用の手袋は、ケガの防止になり家具など持ちやすくなるので用意しておきましょう。軍手よりも、すべりにくいゴムでコーティングされた手袋がおすすめです。

工具類

大きな家具も、解体すれば運びやすくなります。組み立てるタイプの家具は工具があれば、解体することができます。解体した家具は、新居で組み立てることになるので、工具はすぐに取り出せる場所に入れておくのはもちろん、外したネジや金具などは紛失しないように注意してください。

清掃用具

これまで住んでいた住居は、できる限りきれいな状態にしてから退去することが大切です。また、引越し先の新居でも室内が汚れている可能性があるので、雑巾や住居用洗剤、水回りの清掃用具なども用意しておくようにしましょう。

引越し準備を行う際にあると便利なグッズ

あれば便利な引越しのためのグッズを紹介します。

ドアストッパー

ドアを開けっぱなしにできない場合、荷物の搬出・搬入にドアストッパーがあれば便利です。

ふとん圧縮袋

かさばるふとん、毛布など圧縮袋があれば薄くでき、持ち運びも便利で、引越しトラックのスペースも広げることができるでしょう。

チェアソックス

家具の脚が床を傷つけないように付ける保護カバーで、退去する部屋の修復費用がかからないよう防いだり、引越し早々、新居を傷つけてしまうことも避けられます。

台車

台車があれば、荷物を手でひとつひとつに持ち運ばなくてもいいし、安全に運ぶこともできます。それほど大きくない、折りたためる台車なら置き場所にも困らないし、引越し以外にも使える便利なグッズです。

引越しの荷造りを始めるべきタイミング

可能なら引越しの3週間前くらいから、荷造りを始めるのがおすすめです。不用になった粗大ゴミの処分など、引越し直前では、手続きや回収が間に合わない可能性がありますが、3週間程度あれば、余裕をもって手続きや準備を進めることができるでしょう。

 

引越しは荷物を移動させるだけでなく、さまざまな手続きも必要になるので気持ちに余裕がなくなり、引越しの準備もおろそかになることがあります。まず、必要なグッズ・あると便利なグッズをまとめて揃えておくのがおすすめ、どのようなシーンで何を使えばいいのかも頭に入れておき、スムーズな引越し準備を行ってください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

東京都でおすすめの引越し業者5選

イメージ
会社名アート引越センターサカイ引越センターアーク引越センターラク越/引越革命アリさんマークの引越社
おすすめポイント充実の無料サービスと多彩なプラン・オプションが魅力業界のパイオニア的存在!引越し専門だから信頼性が高い多彩なプランと幅広い自社ネットワークが強み完全通販スタイルで忙しい人もスムーズに引越し可能!安心のサービスを提供するため社員教育に注力している
詳細リンク