引越しの退去時の立会いとは?大まかな流れを知ろう!

公開日:2022/11/15


水道・ガス・電気の転居手続きや本人確認書類の住所変更など、しなければならないことが山ほどある引越し作業。そのなかでも重要なのが退去時の立会いです。この記事では立会いの流れとポイントをご紹介します。はじめて引越しをする人や退去時の立会いについて知りたい人は、ぜひご一読ください。金銭トラブルを避けるためにも要チェックです。

引越しの退去時の立会いとは?

立会いは、貸主・借主の両者で室内の状態を確認しておくことで、退去後の修繕工事の費用をどちらがどの程度負担するかをはっきりさせることが目的でおこなわれるものです。立会いには貸主側は不動産会社や管理会社を代理に立てることが多いですが、借主側は住んでいた本人が参加することがほとんどでしょう。金銭トラブルを避けるためにも、代理人は立てずになるべく住んでいた本人が立ち会うことをおすすめします。

立会いの日程

一般的に立会いは、賃貸物件を退去する日におこなわれます。引越し当日、荷物をすべて運び出した後に立会いをすることが多いでしょう。ただし、立会いをおこなう不動産会社や管理会社の規模が小さいケースや、立会い日が引越し繁忙期とかぶっているケースには、希望日に立会いが実施できないこともあるので注意しましょう。希望日の2週間ほど前に立会い日について連絡しておくと安心です。また、遠方に引っ越す場合など、引越し当日にしか立会いがおこなえないときには、その事情を不動産会社や管理会社にしっかり伝えておきましょう。

退去当日の立会いの流れ

退去当日の立会いは、荷物がすべて運び出された状態でおこなわれます。引越し作業が終わって立会いがはじまるまでの間に室内を軽く掃除ができる時間をとっておくと安心です。そのためにも、引越しが終わる時間を引越し業者にあらかじめ確認しておくことをおすすめします。立会い自体にかかる時間はだいたい20~40分で、内容は壁や床のへこみ・傷・よごれなどの室内の状況をチェックです。「傷がいつごろついたか」など、聞かれたことには正直にはっきり答えましょう。

それらの破損箇所が入居前からあるものならば退去後の修繕工事の費用は貸主が負担し、借主の過失によるものであれば借主が負担することになります。金銭トラブルを避けるためにも伝え忘れたことがないようにしましょう。最後に敷金精算の書類にサインすることがもとめられます。重要な契約書なので、納得したうえでしっかりサインしましょう。すべて完了すると、鍵を返却して終了です。

立会い当日のポイント!ガスの閉栓は引越し作業中に済ませる

退去当日には、立会いだけでなく、電気やガスや水道の転居手続きもおこなうことが多く、なかなか大変です。なかでもガスの閉栓には立ち会う必要があるので、できれば引越し業者による荷物の運びがある時間帯に同時に済ませておくと効率的でしょう。

万が一、退去当日に本人が立ち会えない場合は?

立会いには、原則、その部屋に住んでいた人が参加します。しかし、仕事やケガ、病気など、万が一の理由で本人が立ち会えない場合もあるでしょう。そんなときには、以下の選択肢があります。

立会い予定日に本人が参加できない場合(1)
立会いの日程を変更する

退去当日にその部屋に住んでいた本人に急な仕事などが入ってしまった場合、貸主に当日立会いができなくなった理由を真摯に伝えて、立会いの日程を変更してもらいましょう。立会いは、後のトラブル回避のためにもなるべくその部屋に住んでいた本人が参加した方がよいものです。貸主側も日程変更の理由を聞けば、快く対応してくれるでしょう。

立会い予定日に本人が参加できない場合(2)
代理人を立てて予定通りの日程で立会いをおこなう

長期の入院や不在などでどうしても立会いに参加できない場合には、代理人を立てて、その折を貸主側に伝え、理解をもとめましょう。代理人には自分の代わりに部屋の立会い・敷金精算・鍵の返却をおこなってもらうことになるため、親戚や親友など、信頼のおける身近な人を選ぶことをおすすめします。もし、貸主側が代理人を認めなければ、立会いに関することを代理人に委任することを記した委任状を提出すれば、スムーズに代理人に鯛愛に参加してもらえるでしょう。

まとめ

引越し準備は、新居探しから、本人確認書類の住所変更、水道・ガス・電気の転居手続き、子どもの転園・転校準備まで、しなければならないことが山ほどあります。この記事では、そんな引越し準備のひとつである退去時の立会いについてお伝えしました。

立会いは、貸主・借主で室内の状態を確認し、退去後の修繕工事の費用をどちらがどの程度負担するかをはっきりさせることが目的でおこなわれるものです。金銭トラブルを避けるためにも、なるべく住んでいた本人が立ち会うことをおすすめします。立会いでは壁や床のへこみ・傷・よごれなどの室内の状況がチェックされ、20~40分ほどかかります。万が一の理由で本人が立ち会えない場合には、日程を変更したり、代理人を立てたりして対応しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

東京都でおすすめの引越し業者5選

イメージ
会社名アート引越センターサカイ引越センターアーク引越センターラク越/引越革命アリさんマークの引越社
おすすめポイント充実の無料サービスと多彩なプラン・オプションが魅力業界のパイオニア的存在!引越し専門だから信頼性が高い多彩なプランと幅広い自社ネットワークが強み完全通販スタイルで忙しい人もスムーズに引越し可能!安心のサービスを提供するため社員教育に注力している
詳細リンク