引越しをする際は衣装ケースの中身を空にするべき?

公開日:2022/06/15

引っ越し

引越しの際、それまで使っていた物を梱包し、新居でそれを荷ほどきして、再び使用できるように戻すのは、かなり面倒な作業になります。衣装ケースの場合、中身をダンボールに移さずにそのままの状態で運べば、手間もかからずラクできそうです。それは可能なのか、衣装ケースは空にして運んでもらう必要があるのか、解説していきます。

衣装ケースの中身はそのままで引越し可能?

タンスなど大型の収納家具とは違い、衣装ケースにはそれほど多くのものは入りませんし、運ぶ際に引越し業者スタッフの負担になることはなさそうです。実際、最近は衣装ケースを空にせず、そのままでOKという引越し業者が多いため、中身をダンボールに移し替える作業を早まって行わない方がいいでしょう。

ただ、衣装ケースのタイプによっては、そのまま運べない可能性もあるので注意してください。フタや引き出しがちゃんと閉まるタイプなら問題ありませんが、引き出し部分に隙間があったり、組み立てるタイプの衣装ケースなどは、運んでいる途中で中身が飛び出してしまう可能性があります。

そのような衣装ケースなら、中身をダンボールに入れ、梱包する必要があるでしょう。また、衣装ケースの中身によっても、そのままでは運べない場合があるので、次に詳しく説明します。

衣装ケースに入れっぱなしでいい荷物

まず、衣装ケースに入れっぱなしでもいい荷物から説明しましょう。衣装ケースということで、基本的には衣類を入れておく人が多いと思います。衣類やタオル類など比較的軽く柔らかいものなら、入れっぱなしでも大丈夫です。おもちゃや雑貨など、軽くて運搬しても破損する恐れのないものも、中身が動かないようにタオルなどを詰めて固定すればOKでしょう。

衣装ケースに入れてはいけない荷物

次に、衣装ケースに入れてはいけない荷物について説明します。入れてはいけない荷物の特徴は、重量があるもの、壊れる恐れがある、ほかの荷物を汚す恐れのあるものなどです。

重量がある、重すぎるもの

衣類のような軽いものではなく、重すぎて運搬が困難になるようなものは衣装ケースから出し、別途梱包する必要があります。運ぶことが可能かどうかは業者の判断になりますが、自分や家族で持ち上げることができないような荷物なら、あらかじめ別に梱包するのが無難でしょう。

壊れる恐れがあるもの

壊れやすいもの、割れやすいものなどは、搬出・搬入時に丁寧に扱っても運搬中に壊れてしまう可能性があります。そのようなデリケートな荷物は、壊れないようにしっかりと梱包するか、引越しのトラックには乗せず自分で運ぶようにしましょう。

ほかの荷物を汚す恐れがあるもの

液体の荷物、例えば液体洗剤や柔軟剤、油や調味料のボトルなどは、容器が破損することでほかの荷物を汚してしまう可能性があるので、衣装ケースに入れて運ぶことができません。液状の荷物は、衣装ケースに入れず別途梱包するようにしましょう。

引越し前にするべき衣装ケースの準備

運搬可能な衣装ケースでも、ケースそのものが破損したり、中身が飛び出すなどしてトラブルになることもあります。そうならないために、引越し前には衣装ケースの「準備」が必要です。

フタや引き出しは固定する

衣装ケースのフタがきちんと閉まる場合は問題ありませんが、輸送中にずれたり、簡単に外れてしまうなら、ガムテープや養生テープを使って固定しておきましょう。引き出しタイプの衣装ケースの場合も、引き出しが飛び出さないよう同様にテープで固定しておきます。

キャスターを外しておく

衣装ケースにはキャスターのついたタイプもありますが、このままの状態で輸送するとトラックの中で動いてしまい、ケースの中身が飛び出したり、傷む可能性があります。ケースにキャスターが付いていると便利ですが、引越しの際はトラブルを避けるために外しておくようにしましょう。また、外したキャスターは紛失しやすいので、引越し先で迷子にならないよう分かりやすくまとめておいてください。

破損の恐れがあるなら保護する

プラスチック製の衣装ケースの場合、素材によっては割れやすかったり、ヒビが入ることもあります。破損が心配な場合は、ケースごと梱包材で覆うなど対策すれば安心でしょう。

大切な衣類はケースから出す

衣装ケースを安全に運搬するための対策をしても、万が一を考えておく必要があります。大切な衣類・高価な衣類などは、やはり衣装ケースで運ぶのは避け、別々に梱包するほうが無難でしょう。

また、着物やスーツは衣装ケースで運ぶとシワになるも心配です。引越し業者にもよりますが、着物用のダンボールケースやスーツなどをハンガーにかけたまま運べるハンガーボックスも用意されているで、衣装ケースではなく、そちらの利用がおすすめです。

 

引越しをする際は、衣装ケースから中身を出さずにそのまま運んでもらうことは可能です。しかし、重量が重かったり、壊れやすい荷物はそのまま運ぶことはできません。ケースの中身を汚す可能性がある液体の荷物もNGです。また、運ぶことに問題がない荷物の場合でも、万が一のトラブルが起こらないように、しっかりと衣装ケースの準備をしておきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

東京都でおすすめの引越し業者5選

イメージ
会社名アート引越センターサカイ引越センターアーク引越センターラク越/引越革命アリさんマークの引越社
おすすめポイント充実の無料サービスと多彩なプラン・オプションが魅力業界のパイオニア的存在!引越し専門だから信頼性が高い多彩なプランと幅広い自社ネットワークが強み完全通販スタイルで忙しい人もスムーズに引越し可能!安心のサービスを提供するため社員教育に注力している
詳細リンク